幼稚園☆元気塾とは?

研修風景1

園児募集メソッドは永続的に使用可能な経営戦略です。

園児募集の善循環をつくる8つのメソッド

8つのメソッド

幼稚園☆元気塾=幼稚園革命講座
セミナー受講と同時進行で自園の経営革新を推進する

安定経営の三輪車を善循環させる方法

安定経営の三つの車輪

全国の成功園のエッセンスをモデル化し、実証を現場で検証しながらまとめあげた安定経営の3つの戦略、それが、『安定経営の三輪車』です。

 

1つ目の車輪は『理念の再構築』。幼稚園の事業目的を明文化し、わかりやすく魅力的な一言で、経営をリードします。

 

2つ目の車輪は『教育の構造化』。園児ばかりではなく、教職員と保護者とともに育ち合う環境づくりを行います。

 

3つ目の車輪は『広報の計画化』。年間を通じて園を地域に報せ集めるために、具体的計画を年初に策定します。この三輪車の善循環を安定経営の戦略理念として、経営改革に取り組みます。

 

園児・保護者・教職員がともに育ち合い、喜びの中で園児が集まる

園児募集の善循環を作る

三輪車の善循環を理念であり戦術とし、その具体的な方法はシンプルな戦術、具体的ノウハウとして『園児募集8大メソッド』にまとめました。

 

この8大メソッドの各項目は、どれが欠けても安定経営を脅かす大切な要素です。1つでも欠ければ、幸せな安定経営は実現しません。

 

例えば『現状分析』は、今自園がどういう状態にあるのかを客観的に見直すことですが、多くの園が、自園の状況を客観視する視点を持てずにいます。

 

『風評管理』は、地域で自園がどんなふうに評価されていることを把握し、声を前向きに活用することですが、あえて見ないふり聞かないふりをしている旧態依然の幼稚園もありますね。

 

大切なことは、この8つの方法を年間の取り組みとして、積極的に活用して経営することなのです。それが、園児・保護者・教職員がともに育ち合い、喜びの中で園児が集まる仕組み作りとなります。

 

『幼稚園☆元気塾』では、これらの戦略と戦術を学びながら、自園の現場に『幸せな安定経営』をもたらしていきます。

『幼稚園☆元気塾』では、人の行動をコミュニケーション心理学に基づいて解き明かしていきます。例えば、教職員の育成には、使命感の醸成が必要ですが、その鍵になるのは「五本指の心」と「心のアクセル」です。また、入園幼稚園決定の保護者心理は、「婚活」に例えるとわかりやすいのです。それは「情報」が鍵になるということです。さらに、園児獲得の具体的方法は、広告宣伝のノウハウである『販売促進』の手法を、私学に特化した形でわかりやすくお伝えします。

幼稚園☆元気塾 カリキュラム概要
6ヶ月で幼稚園を元気にする方法を学び12ヶ月で軌道に乗せる

幼稚園☆元気塾では、6ヶ月間の連続講座(レギュラーシリーズ)を学びながら、同時進行で先生の幼稚園の園内革命を進めていただきます。

そして、毎年1月、9月、12月に反復開催されるフォローアップの特別講座で、次の園児募集と組織力アップに向けた情報を入手し、徹底準備を図ります。

さらに、翌年以降のレギュラーシリーズへの代表契約者のリピート参加は無料ですので、常に最新の情報を入手しながら、学び続けることが可能です。

あなたが幼稚園経営を継続する限り、永久に経営を支援し続けるシステムです。

 

連続講座(レギュラ-シリ-ズ)の内容

1ヶ月目(2月25日)Vol.1 幼稚園“感動”脚本の作り方と魅せ方

地域に生き残る園として、安定経営状態を発展維持させるために必要な魅力づくりを学びます。自園の生み出す感動とは何かを具体的に描きだし、園児・保護者・職員の感動ポイントを明確に設定することで、「感動」幼稚園を創出します。そのための脚本の描き方と演出方法を修得する実践のための勉強会です。

2ヶ月目(3月25日) Vol.2 高付加価値型入園前教室の組み方

他園にない高付加価値型の入園前教室の具体的展開例を学び、地域にはない自園ならではのプラチナ価値の創出を図ります。安定経営を維持するための分母獲得のプラットフォームを自園に構築するための鉄壁の方式を学び、実践します。新年度からの教室の改訂を足がかりに、具体的な行動を開始します。

3ヶ月目(4月22日) Vol.3 保護者と学生に届くPR交差戦略

園の宣伝広報には、日常活動・園児募集・職員募集の3本の柱があります。これらを効果的に進めるために、インターネットメディアとヒトメディア(クチコミ)を2大ツールとしながら、いかに効果的にその他のメディアを組み合わせていくのかを学び、自園の宣伝広報力を高める取り組みを進めていきます。

4ヶ月目(5月27日) Vol.4 入園説明会を成功させる話法と技術

入園先を最終決定する上で、最後の影響力を与えることが出来るポイントが入園説明会といえます。心理学を背景とする理にかなった展開方法と話法脚本により、すでに他の園を希望していた保護者までが翻意してしまう、その脅威の展開手法を学びます。同時にリクルート説明会への応用も学びます。

5ヶ月目(6月24日) Vol.5 互恵自立型教職員組織の育て方

互恵自立型教職員組織とは、共有する一つの理念のもとに自立して働く教職員が、お互いに助け合い、密接な連携をもってともに成長していく教職員組織のあり方です。その組織の育成法を各立場の取り組みと成長のステップを踏まえながら、自園への導入可能な実践的ノウハウとして学びます。

6ヶ月目(7月22日) Vol.6 優良人材多層獲得の仕組み作り

少子化の流れは留まるところを知らず、年々優秀な人材獲得が困難になっています。安定経営維持には優良人材の獲得は必須であり、そのためには365日の学生向け情報発信が不可欠です。と同時に、優秀な人材が流出しないような、働きやすい職場づくりが重要です。そのノウハウを学びます。

 

特別講座(フォローアップ-シリ-ズ)の内容

新年度の概況を予測し、具体的行動を展望します。また、現場に役立つ特別講演もお聞きいただけます。特に2016年は、2日間に渡り複数の講師の講演をお楽しみ頂けます。組織マネジメントに役立つ安堂達也による表題の心理学講義の他、造形指導のポイントを矢野文子先生、偏食防止給食指導法を鈴木芳子先生、グレーゾーンの保育指導法を立石美津子先生、女心の掌握術をホスト講演家の信長先生、ボスの魅力学を片岡五郎先生など、魅力的な講師陣が新年のスタートを彩り、新たな1年の経営のヒントを提示します。

秋の園児募集直前に、本コースとは別の特別講演会を行い、この時期の重要ポイントを再確認します。2016年のテーマは、願書受付前の見直しのポイント。ついつい慣例的に流れてしまう業務のプロセスを、具体的なチェックリストで1つずつ見なおししていくことで、直前でも取り入れることが出来る効果的なノウハウを活かすことが出来ます。

1年の締めくくりとなる元気塾会員に人気の勉強会です。この年の募集結果という現実を振り返りながら、安堂達也のチェックリスト式オリジナルテキストを使った総復習により、次年度対策を丁寧にきっちりと行います。幼稚園の365日が行事に追われる毎日だからこそ、年を明ける前に今年の結果を分析して新年を迎えることが大切といえます。

幼稚園☆元気塾2017概要

日程

連続講座

  • 第1回2月25日
  • 第2回3月25日
  • 第3回4月22日
  • 第4回5月27日
  • 第5回6月24日
  • 第6回7月22日

特別講座

  • 1月大会 1月21日
  • 9月大会 9月9日
  • 12月大会 12月1日
時間

10:00~19:00

講師

安堂達也、他ゲスト講師

会場

東京都江戸川区 指定会場

受講料

会費制 ※お問合せ下さい

 

 

 

 

 

ページトップ